進学スクールWILL|瀬戸市・尾張旭市の学習塾・予備校|自習室完備|テスト対策
top
top
houshin
shougaku
chugaku
koutou
nagare
shitumon
kousha
講師ブログ WILL NEWS 合格者速報 現役予備校WILL
jisseki top daigakujisseki
taiken

旭丘高校合格
水野中学校出身  山﨑 大洋 くん

「努力は早いうちからはじめよう」
僕は、中学1年生のときから、内申点がとても低く、初めて受けた愛知全県模試で、偏差値は足りていても内申点が足りなければ不合格になってしまうということを痛感しました。ですが、当時の僕は、「受験なんてまだ先のことだからいーや」と言って努力をしませんでした。しかし、今はそのことを後悔しています。そのせいで、中学3年生になるまで一度も内申点が合格基準に満たなかったからです。内申点が取れると合格にぐっと近づくので頑張ってください。受験が近づくにつれ、志望校のレベルを下げたり、みんなが行く高校に行きたくなったりすることもありました。ですが、最初の志望校を受けて良かったと今では思います。高校でも新しい友達は絶対にできるので、自分一人になっても心配はありません。自分が一番行きたい学校を、他人に流されずに選んでください。

 

明和高校合格
旭中学校出身 小八重 美佑 さん

「続けることの大切さ」
私はもともと塾に入る気はありませんでした。しかし、1年生の学年末で今までに見たことがない点数をとったことをきっかけにWILLに入りました。とても悔しい気持ちになったことを覚えています。その悔しさを胸に、2年生では今までよりもテスト勉強に力を入れるようになりました。WILLの日々の授業やでらでるのおかげだと思っています。内申も安定して取れるようになりました。2年生の3学期からは先生から受験に関してたびたび聞くようになり、受験を意識しだしました。私はそのころ千種高校に行きたいとずっと思っていました。しかし、定期テストで点がとれても模試は毎回目標に届きませんでした。そこで先生に相談し、3年の夏で苦手な理科と社会に重点を置いて勉強し、5教科均等に点をとれるようになろうと決めました。部活を引退してから本格的に受験勉強を始めました。先生から自習室を使うことを勧めてもらい、夏休みは毎日自習室に通いました。理科と社会は1年生から頭に入れ直し、少しずつ力がついたことを実感していきました。合宿や夏期講習を通して、図形や関数の解き方、国語の要約の仕方などを理解しました。自分にとって弱いところを埋めた夏になったと思っています。夏休み最後の模試で、明和高校を目指せる実力がついたことを知り、とてもうれしかったです。担任やWILLの先生と話し合い、明和高校を受験することに決めました。先生に「千種に入りたいならそれよりも上を目指して勉強したほうがいい」と言ってもらったことが心に残っています。その言葉を信じ、頑張り続けた結果、明和高校に進学できたと思っています。まわりと比べて落ち込んだこともあったけど、敵は自分と言い聞かせ、1年間頑張ってよかったなと思っています。WILLの先生のおかげです。ありがとうございました。


明和高校合格
旭中学校出身 森 稔晄 くん

「すべてを教えてくれたWILL」
自分は中1の初めからWILLに通っていました。当時の自分は1学期中間テストで高得点を取って油断していました。そしてそのままその後のテストで点数が落ちていくにも関わらず、学校では寝たり、WILLではあまり集中して授業を聞いていませんでした。さらに部活に力を入れていたため家に帰ってきたら寝てしまって、まったくと言っていいほど勉強していませんでした。そしてそのヤバさに気づいたのは2年の夏でした。1つ上の先輩方が毎日WILLに来て受験勉強をしているのを見て、自分も受験について考えました。行きたい高校はあまりありませんでしたが、とりあえず勉強しまくりました。すると点数が30点ほど上がってそれが当たり前になっていきました。3年になり、自分は剣道で高校に行こうかとか、遊べて自由な高校に行こうかとも考えるようになりました。そこで僕を変えたのがWILLでがんばっているライバルの存在でした。自分は楽しむために高校のレベルを下げているのに上の人たちは常に頂点しか目指していませんでした。中総体では勝ち続けてきたのでそのプライドが自分の考えを甘えだと気づかせました。そこから自分はまわりの人間の背中のみを追って進み続けました。甘えていた分、新しい目標の明和高校は本当に高嶺の花でした。それでも負けたくない一心で進み続けました。授業中でも問題演習のあまった時間に自習をしたりしました。ゼットや数学科の先生からは様々な数学のテクニックを教えてもらったり、理科の先生に何度も質問したり、ハッシーの国語の特訓も時間のある限り受けました。ぎりぎりで受験にこぎつけ、発表のとき、合格の文字を見て、ほっとしました。推薦なので実力はまだまだでしたが少なくとも努力した分は実力がついたと思います。3年間道をつくってくれたWILLの先生方には本当に感謝しています。

 

明和高校合格
南山中学校出身 杉野 佑真 くん

僕は小学6年の春からWILLに通い始めました。WILLの分かりやすい授業のおかげで学校の授業についていけなくなるようなことは一度もありませんでした。WILLの先生は、質問をすると、図に描いたり何かに例えたりして丁寧に理解できるまで教えてくれました。先生とも距離が近く、親しみやすいのもWILLの特長だと思います。テスト前は早めに学校の課題を終わらせ、『でらでる』もWILL CUPまでには完璧に仕上げました。僕は部活動もがんばっていたので、とにかく早め早めに準備をし、テスト中も自主練の時間を確保できるようにしました。そしてこの勉強手順を守ることで、3年間成績が落ちることはなく、第一志望に合格できました。僕の勉強の基盤をつくってくれたWILLにはとても感謝しています。先生方、ありがとうございました。

 

明和高校合格
水野中学校出身 木下 佑之介 くん

僕は中3の5月ごろからWILLに入りました。しかし、僕はクラブチームでサッカーをしていたので、授業を休んだり、自習室に行けなかったりすることが多々ありました。特に夏休みにWILLから出された50時間以上の自習室に来るという課題も5時間ほどしか行けず、夏期合宿にもサッカーの遠征があり行けませんでした。そこで初めて少し焦りを感じました。自分と仲間との差がどんどん広がっていくと感じ、少しずつサッカーの合間をぬって勉強し始めました。最初は小さなことでしたが、やっていくにつれて少しずつ量を増やしていきました。そういった少しずつの努力の積み重ねもあってか、テストでは少しずつ点がとれるようになっていきました。その自信が受験にもつながったと思います。あの少しずつの努力を怠っていれば、今の自分は無かったと思います。また、塾に行けなくても、自分で時間を見つけて勉強することができれば、差は埋められると思いました。これからも努力を怠らずに頑張っていきたいです。

 

向陽高校合格
東中学校出身 河田 乃和 くん
「サクッと合格してください。」この言葉は、公立受験2日前、わからない問題があり、塾に行った際、ここまで伴走してくれた、ある先生からの最後の応援メッセージです。僕はWILLに中学一年生の終わり頃に入塾しました。中一のときは、ある一定の点数から上がらない日々でしたが、中二からは、定期テスト、模試対策が合っていたのか、面白いように点数が上がっていきました。その反面、公立高校を考え直さないといけないくらいの内申の悪さで、模試結果の合格率は泣きそうなくらいでした。でもその合格率を見ても、先生方は「大丈夫!上がるから、自信を持って。」と勉強、そして内申点へのアドバイスをしてくれ、中三に突入しました。中三では、内申を上げる努力、手を抜けない毎日、検定試験、部活、いっぱいいっぱいの生活を送っていました。点数に一喜一憂し、自分が壊れそうなときもありましたが、先生方の励まし、指導で頑張ることができました。九月からのアドバンス英数で、複雑かつ難易度が高い問題を数多くこなすことで、私立受験の最高難易度にも対応することができ、合格で努力したことが証明された。と、自信がつきました。そして内申点も上がり、あとは、公立当日点を確実に取っていくまでに成長しました。公立当日は、先生方からの言葉を思い出し、肩の力を抜いて臨むことができました。そして、第一志望である向陽高校国際科学科に合格することができました。逃げ出したくもなり、勉強が嫌になるときもありましたが、最後まであきらめず、信頼する先生方にご指導いただいたことで、困っている人を助ける研究者になりたい!という夢に近づくことができました。味方になってくれ、夢を支えてくれた先生方、本当にありがとうございました。


向陽高校合格
東中学校出身 遠山 裕大 くん

僕は1年生の冬に入塾しました。僕が一番印象に残っているのは3年生の冬期講習です。朝から夕方までテストがあり、家に帰ったらすぐに復習するというハードなスケジュールでした。でもたくさんのテストをやっていくうちにテスト慣れをして、どこを絶対取らなくてはいけないのか、どこを諦めるかを明確にすることができるようになり得点がどんどんあがりました。今となってはあのとき全力で勉強をして本当によかったと思います。また、雨の日の送迎や塾代を払ってくれるなどたくさんたくさん自分のためにしてくれた両親、毎日教えてくれた学校の先生、共に競い合ったり励ましあったりした友人、そして最後まで応援してくれた塾の先生のおかげで向陽高校に入学できたことを忘れずに一歩ずつ進んでいきたいと思います。本当にありがとうございました。

 

千種高校合格
旭中学校出身 岡﨑 有咲 さん

私は中学2年生の冬期講習からWILLに入りました。WILLに入って、勉強のやり方や勉強に対する考え方が大きく変わりました。そして、WILLに入るまでぼんやりとしか考えていなかった受験のこと、志望校のことについて真剣に考えるようになりました。受験生だった1年間で、一番つらかったのは冬休みでした。苦手な理数をずっと克服できず、まわりのみんなの点数はどんどん上がっていくのに、自分は置いていかれるどころかむしろ自分が下がっていて、とても悔しかったことを覚えています。WILLの先生が、「冬休みは苦手をつぶす最後のチャンス」と言っていて、逆に考えれば今つぶさなければもうつぶせないのか、と思い怖くなって、冬休みは今までの自分で一番勉強していたと思います。あのとき頑張れて本当によかったです。WILLは、質問しやすい環境で、先生が話しやすくて、私がどれだけたくさんの質問をしてもひとつひとつ丁寧に教えてもらえたことが本当にうれしかったです。苦手な教科も点数が伸びたのはそのおかげだと思っているので本当に感謝しています。辛かった受験生活も、WILLだったから乗り越えられたと思います。WILLに入って本当に良かったです。ありがとうございました。


千種高校合格
南山中学校出身 川口 夢羽 さん

私は、3年生からWILLに入りました。そのときは旭野高校に行けたらいいなと思っていました。前の塾ではなかなか上がらなかった内申や定期テストの順位がWILLに入って上がり、千種高校を目指すようになりました。夏休みの合宿や特訓などを同じ志望校の子たちと一緒にできて、とても成長できました!!夏期講習や冬期講習をADクラスで受けて、みんなが頭良すぎて全然ついていけなかったし、授業中のテストの点数も必要な点数を取ることができませんでした。10月の全県模試は75%だったのに、1月の全県模試では45%まで落ちて、WILLの先生に「このままだとやばいよ」って言われて、すごく焦りました。私の弱点は1、2年生の部分だったので最初からWILLに入っておけば良かったと思いました。自分の弱点が1ヶ月前に分かったので、そこから1ヶ月間自習室を使ってたくさん問題を解きました。その時にどんどん点数が上がっていきました。同じ志望校の子たちはみんな内申が高くて、最後までとても不安でしたが、千種高校に合格できて本当に良かったです。コロナの影響で自習室が使えなくなったことで、集中できてわからないところをすぐに質問できる自習室の環境の大切さがわかりました。WILLに入って、よい先生や友達に出会えて良かったです!本当にありがとうございました。

 

旭野高校合格
幡山中学校出身 井上 智史
くん
「支えてくれたWILL」
僕は中学3年生のときにWILLに入りました。ようやく部活もおわり受験に専念する時期でした。WILLに入る前はどの教科のどの部分を勉強したらいいかどうやったら点数が上手く取れるかとかまったくわからず困っていました。また、受験というものがどういうものかわからず不安ばかりでした。しかし、WILLに入って先生たちが常に支えてくれてどこをどう勉強したらいいかとか具体的なことを教えてくれたので「受験」というものを意識して勉強することができました。WILLは定期的にテスト行ったりしているので自分がいまどのくらい旭野高校の偏差値に近づいているかとかどこを重点的に勉強したら良いかを教えてくれました。そのおかげで要点をしぼって勉強をすることができたし、学校のテストなどでも良い点数を取ることができました。また、WILLは友達が多くいて、授業がない日でも友達が自習室を使って勉強をしていて僕ももっと頑張ろうという気持ちにさせてくれました。WILLの自習室はとても勉強に集中できてわからないことがあったらすぐに先生に質問できるので勉強を効率よくすることができました。先生たちはわからないことがあったらすぐに教えてくれるだけでなく、ほめてくれたり励ましてくれたりして僕を常に前向きにさせてくれました。また、受験の戦い方をよく知っているので信頼して教えてもらいました。
今、僕はWILLのおかげで旭野高校の生徒になれました。WILLの先生たちの支えがあったから合格できました。本当にありがとうございました。WILL大好きです。

 

旭野高校合格
幡山中学校出身 山田 彩南 さん

私は、中学3年生の4月からWILLに通い始めました。WILLでは、授業や宿題、テスト対策や模試など、家で自分で勉強しているだけではやることのできない学習がたくさんあって、それまでの自分の勉強の仕方や量ではだめなんだと気づかされ、もっとがんばろうと思うようになりました。講習や特訓、合宿に参加したことで、長時間勉強する習慣がつきました。ずっと迷っていた進学先も、先生のほうから話を聞いてくれて、いろいろ教えてくれたことで決めることができ、その高校に行くという目標をもって勉強しました。WILLに入って、勉強をとてもがんばっている周りの人たちにたくさんの刺激をもらいました。また。授業はとても楽しくて集中でき、たくさん問題を解いたりテストを受けたりしたから、行きたい高校に合格できたのだと思います。WILLに通ってよかったと思いました。

 

旭野高校合格
幡山中学校出身 山田 麻央 さん

私は中学3年生になった頃から受験のことを大きく意識し始めていたけれど、自分だけで勉強をしていけるか不安があったので、友達にすすめられてWILLに通い始めました。
最初は部活との両立が大変でしたがその中で配られるプリントなどを一生懸命に取り組み、分からないところは先生に質問して理解できるようになると前よりも勉強を楽しく感じられるようになり、定期テストの結果も少しずつ良くなって受験のときには合格に大きくつながったと思います。私は夏で部活を引退して夏期講習が始まるなどさらに受験に向けて勉強を頑張ろうという気持ちになり、それからよく自習室を使うようになって、ほぼ毎日自習室に行って勉強していました。午前中から授業があったりすると1日中WILLにいてだんだん家にいる時間より長いくらいになりました。毎日自習室の最終時間までいて勉強しているとだんだん習慣化されて、テストが終わってすぐの日でも自習室に行って勉強するようになり、受験まで継続して取り組むことができて、それが自信につながり合格することができたと思います。そして何より先生たちがいつでもわからないところを理解できるまで教えてくれたり、勉強や受験などで不安なことがあると話をきいてアドバイスをしてくれたおかげで合格することができたと思います。本当にありがとうございました。WILLに通って本当によかったです。

 

旭野高校合格
西中学校出身 櫻井 健人 くん

「感謝」
僕は、WILLに通い続けて本当に良かったと思います。僕は、中学1年生からWILLに通い始めました。1、2年生は部活が忙しく勉強が後回しになってしまい、内申もとても低かったです。だから、1、2年生のころは「旭野高校が目標です」とは決して人には言えませんでした。しかし、3年生になってそんな自分に危機感を抱きはじめ、勉強する時間を増やしました。そして、3年生になり定期テストでは400点以上を必ず取るという目標を立て、その目標はクリアできるようになりました。そのおかげで内申も上がり合格にたどりつくことができました。
最後に、わからない問題があったとき、わかるまで丁寧に教えてくださったWILLの先生方にとても感謝しています。特に国語では1、2年生のころは全県模試で平均も取れませんでしたが、ハッシーの個別指導により、A・B日程ともに点数がよく、合格のきっかけになったと思います。本当にありがとうございました。

 

旭野高校合格
東中学校出身 太田 莉空
くん
僕は、塾をWILLにかえて本当に良かったと思います。僕は中学2年生の2学期からWILLに入りました。僕は中学1年生からWILLに入るまでの間、ほかの塾に通っていました。ですが、なかなか成績があがらず悩んでいた時に友達にすすめられて入ったのがWILLでした。そこから、僕の成績は少しずつですが、着実に上がっていきました。なので、WILLに入ったら成績が上がったのか自分なりにその理由をいくつか考えてみたので、どこの塾に入るか悩んでいる方の判断材料になれば幸いです。まず、理由として最初に挙げられるのは、先生が親身になってくれることです。そもそもWILLの先生にはフレンドリーな人が多く、質問をしやすいです。質問をすると、こちらが理解するまでわかりやすく教えてくれます。次の理由として挙げられるのは、暗記するところをしっかり教えてくれるところです。WILLの前に通っていた塾では、社会などの暗記科目の授業のときに暗記するところを教えてくれず、ひたすら暗記するしかなかったのですが、WILLに入ってからは、こういうところを暗記しなさいとわかりやすく教えてくれるので、その分、浮いた時間をほかのところの勉強時間にあてることができました。最後に理由として挙げられるのが、苦手な科目の補習が手厚いところです。僕も国語が苦手だったのですが、国語の特訓により、点数を上げることができました。そして、WILLに入り成績が上がったことによって第一志望校に入ることができました。あのとき、塾を変えてなかったら、今の自分はなかったと思います。WILLを薦めてくれた友達にはすごい感謝しています。そして、第一志望校に合格させてくれたWILLの先生方、本当にありがとうございました。


旭野高校合格
東中学校出身 羽山 和奏 さん

私は2年生になってから、勉強で分からないことが増え、2年生の冬期講習からWILLに通うようになりました。WILLは宿題が多いと聞いていましたが、本当にその通りで、はじめは大変でした。私は小学生のころから旭野高校へ進学することを目標としてきました。初めて受けた1月の模試では旭野高校の合格率が11%でした。私はその結果を見て、すごくショックを受けて、そのときは、旭野高校を受けることすらできないのではないかと思いました。ですが、あきらめずWILLに通い、自分ではどこまで実力がついているのか分かりませんでしたが、なかなか解けなかった学校のワークがスラスラ解けるようになったと感じました。内申点もWILLに通い始めてから5つ上がり、最後までキープすることができました。部活の引退後は友達とあまり遊ばないようにし、勉強に集中して取り組みました。そのおかげか、定期テストでは自己最高点を取ることができました。そして、1年後の最後の模試では、今まで一番の結果で、旭野高校の合格率も91%まで上げることができました。その結果を見て、すごくうれしかったです。その後も入試までしっかり勉強し、無事旭野高校に合格することができました。初めての模試の結果を見たときに、あきらめないで勉強して、本当によかったと思います。これもWILLの先生方の熱心な指導や、多くの人の支えがあったおかげです。WILLに通っててよかったです。ありがとうございました。

 

旭野高校合格
東中学校出身 福原 由莉香 さん

私は中学三年生になってからWILLに入りました。それまでは通信で勉強していましたが、毎日ため込んでいました。二年生の終わりに「受験生になるのにこれじゃダメだ」と思い塾に入ることに決めました。最初に受けた模試では理科と数学がとても悪くて不安になりました。その後の面談で、わからなければたくさん質問しろと言われてなるほどと思いました。今まで勉強でわからなかったところは適当に解説を読んで済ませてたから理解できていなかったのだと気づけました。それからわからなかったところは先生に質問をして理解を深めていき少しずつ苦手な分野も点数が上がっていきました。秋になってからはだらけてしまい良い結果をとれた夏からかなり下がってしまいました。特に今までできていると思っていた国語と社会があまりにも悪かったのでかなりショックでした。それからは自習室に入って集中して勉強しようと思い、自習室へ通う回数が増えました。国語は先生に少人数で見てもらい、文章の読み方や要約の方法を教えてもらいだんだんと点数が取れるようになりました。WILLに通う前はなんとなくでやっていた勉強も通ってからはどうやればもっと良くなるのかがわかるようになりました。今年頑張れたから第一志望の高校に合格できたんだと思いました。WILLに通ってよかったです。ありがとうございました。

 


旭野高校合格
東中学校出身 矢野 陽紀 くん

僕は2年生の3月に友達が通っていたことがきっかけでWILLに入りました。入る前は受験に対してあまり意識せず、「なんとかなる」と思っていました。しかし、周りのWILL生が真剣に勉強している姿を見て、自分も負けないようにやらなきゃと感じるようになりました。夏期講習や夏期特訓では、単元ごとに先生方が細かく、楽しくて分かりやすい授業をしてくださり、3年間の復習をしっかりすることができました。合宿では英語と数学に特化した、入試レベルの演習を3日間集中して取り組みました。つらいと思うこともありましたが、WILLで過ごした夏で勉強する習慣が定着し、精神的にも強くなることができました。また、定期テストでも、でらでるやWILLCUPなどで力をつけ、着実に点数を上げることができ、2学期の内申点がなんと6点も上がりました。このことを先生に報告すると「公立入試は3学期の内申点が大きく関わる。でも、3学期の内申は1、2学期の内申点も含まれた結果になるから、それだけ上がった分、下がる可能性も十分ありえる。だから、この冬が勝負だ。」と言われ、うかれている場合じゃないと思い、全力で冬期講習に臨みました。毎日朝から夕方までテストで大変でしたが、本番でどこを取らなければならないかを理解することができました。そして最後の模試では合格率が前回よりも40%も上がり、自信がつきました。冬で必死に勉強したことで内申点もキープすることができました。本番ではWILLでやってきたことを信じて力を出し切ることができ、見事旭野高校に合格することができました。この合格は、塾代を払ってくれり送迎をしてくれた両親や共に励ましあい、時にライバルとして競った仲間はもちろん、最後まで熱心に指導してくださったWILLの先生方のおかげでもあります。WILLに通って本当に良かったです。1年間、本当にありがとうございました!!

 

旭野高校合格
南山中学校出身 浅野 陽菜 さん

中学校出身3年生になり、急に順位が下がりました。受験生ということで、今までの定期テスト以上に気合を入れ、勉強に励んだつもりでしたが、成績が思うように伸びず、悩んでいました。2学期の中間テストまで、自分の実力を発揮できたことはありませんでした。そんなとき南山校に入っている友達の成績がぐんぐん伸びていることを知りました。その子とは点数を勝負する仲でしたが、友達の成績は伸び、私の成績は下がっていく一方で、とても悔しかったです。そのとき、WILLに入ろうと考えました。そして、2学期の期末テスト前にWILLに入塾しました。その結果、2学期の期末テストで順位を上げることができました。このとき、本当にWILLに入って良かったと感じました。自習室が使えるようになり、勉強時間を大幅に増やすことができました。その後のテストは、右肩上がりでした。そして大切な冬期講習で、私はクラスについていけませんでした。点数はみんなより大幅に低く、当てられても全然わかりませんでした。毎回、自分の点数を見て絶望していました。ずっと目指していた高校がありましたが、距離の問題もあり、やめることにしました。私の中では、あきらめたというより、変えたという想いでした。しかし、この選択には全く後悔していません。それは、WILLでの冬期講習のおかげです。クラスについていくのが必死という環境は私にとって本当に辛いものだったからです。目指していた高校にぎりぎりで入って3年間辛い思いをするということは、私にとって悪い方向に導くものだと感じます。短い期間でしたが、WILLに入って良かった、と心から感じます。私が進路に迷っているとき、時間をかけて、優しく教えていただきました。WILLは私にとって本当に必要不可欠なもので、支えでした。受験は団体戦です。私を支えてくれた周りの人たちに感謝の気持ちでいっぱいです。


旭野高校合格
南山中学校出身 石渡 悠真 くん

僕は、中学2年生のときからWILLに通っていました。当時はまだ1年後だからと受験についてあまり考えていませんでした。しかし、3年生になると受験に関する授業が増え、受験について考えるようになりました。学校やWILLの懇談などから旭野高校の説明会に参加しようと決めました。実際に参加して「この高校に行きたい」と思うようになりました。愛日大会が終わり、部活を引退したあと、すぐに始まった夏期講習では、それまで勉強より部活をしていた自分にとって「このままではやばい」と気づかされる講習になりました。そして自習室に通い始めました。とても良い環境のなかで勉強ができて良かったです。しかし、その後の定期テスト、全県模試などの結果から、わからない問題はそのままにしてはいけないことを強く感じさせられ、積極的にWILLの先生に質問しに行きました。先生方は疲れているにも関わらず、丁寧に教えてくださいました。今から考えると、自習室に通い続け、努力して良かったなと思います。また、努力は勉強だけでなく、部活や学校生活でもして良かったと思っています。その結果、旭野高校の推薦選抜を受けさせていただくことになりました。受験日当日、第一志望校だったこともあり、緊張しましたが、一般と推薦、チャンスは2回あると思い、落ち着いて受けることができました。努力をすれば良い結果が得られる、そう感じさせられた3年間でした。これから高校生活、その先、どんな時でも努力することはとても大事だと思うので、続けていきたいです。最後になりますが、約2年間忙しい中、丁寧にご指導いただいた進学スクールWILLの先生方に感謝したいです。
本当にありがとうございました!!

 

旭野高校合格
南山中学校出身 沈 逸新 くん

僕は中2の春休みからWILLに来ていました。そのころはなんとなく勉強していました。別に目標もなければ生きたい高校もはっきりとしていませんでした。でも、WILLに行き始めてから周りの子がとても頑張っていて、自分も頑張ろうと思いました。自習室を利用して、自分の勉強がとてもしやすかったです。わからないことは質問して、わかるまでサポートしてくれた先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。おかげで第一志望校に行けました。みなさんも自分の目標に向かって頑張ってください!!!!!


旭野高校合格
南山中学校出身 堀場 樹 くん

「自分に負けない」
僕は、中学二年生の冬にWILLに入りました。WILLに入るまでは部活と勉強の両立が難しく、平日はただ学校で出された宿題をやるだけで、土日だらだらと過ごしていて、当然成績も落ちていました。しかし、そのだらだらした気持ちが吹っ飛んだ出来事がありました。それはWILLに入ってすぐに行われたカウンセリングです。カウンセリングでは、先生方が親身に相談にのってくださり、改善する方法などを教えてくれました。その中でも印象に残っているのは「一学期から勝負は始まっている」と言われたことです。「三年生は部活が忙しいこともあって、一学期のテストをおろそかにしがちだけど、受験で大切になってくる内申点には入ってくるから力を抜いてはいけないよ」という言葉に心を動かされ、その日から気持ちが入れ替わりました。そして先生から「家でできないなら、自習室に来たら?」と言われ、自習室で勉強するようになりました。それを徹底したところ、一学期の中間テストをはじめとするテストでは、自分が取ったことない点数順位を取ることができ、喜びでいっぱいになりました。WILLは気持ちから変えてくれます。具体的にこの点数を取れば十分といった、今、自分がどの位置にいるか教えてくれます。そして、一、二年生の復習をどの塾よりも早くやってくれるので、Sテストではとても助かりました。定期テスト前は、中身の濃い演習をしてくれ、大きくつまずくことが一度もありませんでした。また、夏期講習や冬期講習では細かいポイントまで指導してくれます。この素晴らしい先生方の強力なサポートのおかげで今、楽しい旭野高校生活を送ることができています。そして、努力はうそをつかないということを教えてくれました。気持ちを変えてくれて、応援してくれて、相談にのってくれてありがとうございました。本当にWILLに入って良かったです。

 

旭野高校合格
水野中学校出身 櫻井 健太郎 くん

「勉強しなさい」「学校の宿題だけでいいと思ってんの」こんなことを母に毎日言われていた一年生、二年生の前半戦を思い出すとどうして今の自分がこんなにも変わったのか不思議に思えてきます。定期テストは、学校の課題を一、二回しかやらず、50位くらいだったときもありました。しかし、二年生の後半戦、WILLに入ってから、定期テスト前には自習室に通い、でらでる問題集を三回くらいやって学校の課題もたくさんやって問題文を覚えてしまうくらいに勉強しました。わからない問題は、WILLの先生が優しく、わかりやすく教えてくださり、学年5位を取ることができました。受験勉強も、こんな感じにやればうまくいくだろうと軽い気持ちでいたのですが、夏休み明けのSテストでは、65点。担任の先生からは「旭野はキツイかもしれない」と言われたのをよく覚えています。ここで、本気になって勉強してやろうと思いました。二回目のSテストは、72点。前回より7点上がったのですが、国語が7点。旭野に行くには7点ではきついと言われました。さらにここで、ガリ勉してやるという思いが沸き、過去問を解いてはまちがえ、質問に行き理解するということを繰り返してきました。思うように伸びなかった国語は、Z先生に「ひたすら問題を解け」と言われたので、がむしゃらになって解き続けました。その結果、毎回17点くらい取れるようになってきました。このように成長できたのは、WILLがあったからというのはもちろんのことですが、一緒に勉強して、苦しみをともに乗り越えてきた友達の存在も大きいと思います。また、送迎や食事を作ってくれた家族にも感謝しかありません。しかし、このようなことに気付けるような自分に変えてくれたのはWILLという存在があったからだと思います。ありがとうWILL!


旭野高校合格
品野中学校出身 池嵜 日菜 さん

私は、中学3年生からWILLに通い始めました。私の中学校出身から通っている人は1人もいなかったので、知り合いもいない中で勉強することに大きな不安を抱えていました。でも、WILLの先生たちはとてもやさしくて、面白く、その不安はすぐになくなりました。WILLに入りたてのころは、受験を強く意識しておらず、必死で勉強したことがありませんでした。しかし、まわりのみんなが授業の後も自習室に残って勉強している姿にとても刺激を受けました。自分の行きたい高校が決まると同時に、足りない点数を埋めないといけないことがわかりました。自分の点を上げるために、まずは社会の年号暗記を始めました。学校の休み時間や寝る前など、空いている時間を見つけて、ひたすら単語帳で暗記をしました。すると、今まで苦手だった社会の年代の並べかえ問題で点が取れるようになりました。わかる問題が増えるとうれしさを実感しました。そして、用事のない日は自習室へ行って、たくさん過去問を解きました。途中で疲れてやめたくなっても、自習室に来ているみんなが集中して真剣に勉強しているのを見て、自分を奮い立たせて頑張ることができました。自習室はいつも静かで勉強がはかどる雰囲気でした。入試本番、とても緊張していたけど、今までWILLで頑張ってきたことを思い出して全力を尽くしました。合格発表で自分の受験番号を見つけたときは、とてもうれしかったです。私を合格へ導いてくれたWILLには感謝の気持ちでいっぱいです。WILLに通ってよかったです!

 

willnet

お子様の出席状況やポイント数、WILL生専用のお知らせを確認できます。(携帯電話からもご確認できます。)

→WILL生専用のページへ
jishu

進学スクールWILLでは、いつでも自習室を利用できます。集中して思いっきり勉強しよう!

→自習室のページへ
eiken

進学スクールWILLでは5級から2級までを受験することができます。

taiken

進学スクールWILLでは、小学部・中学部コースの授業を体験していただくことができます。詳しくは各校舎までお問い合わせください。

各校舎一覧のページへ
 
Copyright(C)2008 WILL